妊娠率・着床率を高める【油】って?? 妊活・不妊症・子宝・茨城・水戸

さて、油(あぶら)

ですが、

この油も妊娠、着床に大きく関与します!

生まれてくる赤ちゃんの健康状態にも関わりますし、大人でも体の健康状態に

大きく関わっています!

 

さっそく

亜麻仁油(アマニ)荏胡麻油(えごま) なんて耳にした事ありますか?

健康志向の方や妊活系の情報誌を読んでいる方は何度か聞いた事があるのではないでしょうか?

また実際に摂取するよう心掛けている方もいますかね?

私達家族も普段からサラダ、野菜、納豆、豆腐等にかけたり

たいてい私達夫婦はそのままスプーンに載せて摂るように意識しています

(油がお皿についてもったいないので(笑)

 

そもそもには種類がいくつかあります!

まず、大きく3つに分けて

トランス脂肪酸💀

  ・別名:食べるプラスチックと言われる💀

  ・植物油脂に水素を加えて精製する💀

  ・マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングがそれ💀

  ・百害あって一利なし💀

 

飽和脂肪酸

  ・溶ける固形のアブラ(飽和=溶ける)

  ・肉の脂、ココナッツオイルの固まっている油

  ・摂りすぎる事が多く、血液ドロドロ、体を酸化させやすくなる

 

不飽和脂肪酸

  ・固まっていない液体の油

  ・これは以下の3種類に分けられます

 

△オメガ9(オレイン酸)

・人の皮脂に近い油

・熱しても酸化しにくいので調理時にお勧め

・オリーブオイルなど

✖オメガ6(リノール酸)

・一般的に使われている油

・細胞・細胞の膜を硬くする

・ベニバナ油、コーン油、ごま油、米油など

◎オメガ3(α-リノレン酸)

・意識しないと摂取できない

・細胞・細胞の膜を柔らかくする

・青魚、亜麻仁油など

熱にとても弱いデリケートな油

・大切な油だけど高い

・遮光性の黒いビンで売ってないものは質が悪い

 

 

実際、、、

約60兆個の細胞1つ1つは油で覆われてます

だから油の摂り方を意識するだけでかなり変わります(^^)

まず身体の調子の良さ、便の出方などで実感できます!!

オメガ6:オメガ3の理想は4:1

そのバランスが良いと

・子宮が柔らかくなる

・生理痛が楽になる

・PMS(月経前症候群)が楽になる

・排卵痛が楽になる

・便秘・下痢が治ってくる

・着床率が上がる

・精子の運動率、数の上昇

・アレルギーなどの症状が緩和・・・etc

 

 

色々と良いメリットがあります!!!!

しかし、最近の現代生活は50:1になってしまっている( ゚Д゚)!!!

 

実際にこれは当院でも、かなりの変化が実感できて喜ばれることも多いです!!

 

取り組みやすい感じで

まとめると!!

●控えるべき!!

・無駄な外食(特にチェーン店)、ファーストフード、ジャンクフード、コンビニ食、

 スナック菓子を控える、

・マーガリン、ショートニング、植物油脂と記載のある食べ物を控える

●摂るべき!!

・調理は基本的にどれもエキストラバージンオリーブオイルで

 (料理時はクセ少ないので試してみて、旦那さんも気づかないかも  

  というより、うちのお客さんのどのご家庭ではクレーム無いそうです笑)

・オメガ3の亜麻仁油(コールドプレス製法・熱しない)、青魚を意識して摂る

 

ということで

『細胞を変える=精子・卵子・子宮内膜も変わる』ので

細胞・細胞の膜になる油を変えてみて下さい!!

まず効果を出すためにも最低2~4週間は試して下さい!!

良い結果に繋がると嬉しいです(^-^)✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA